当科入院患者は肺炎が最も多く、心不全、脳梗塞(急性期)​、認知障害と続きます。併存疾患は高血圧に認知障害、便秘、心不全、骨粗鬆症、肺炎と続きます。近年、特に心不全症例が多くなっています。
外来延べ患者数 6,386人  入院患者数 240人  平均在院日数 23.5日 (2019年度)
図.入院患者の主病名
下の表は、入院患者の主疾患・併存疾患です。多様な疾患を扱い、経験値を一気にアップ。内科専門医取得に必要な症例のうち、多くを経験できます。
表. 入院患者の主疾患・併存疾患
図.入院患者の併存疾患
(データはいずれも2018.1-6月実績)
  • Comprehensive Geriatric Assessment

    高齢者総合的機能評価

    ​主疾患だけでなく、ADLや認知機能、社会的環境等を包括的に評価し、プロブレムリストを挙げ、介入を考えることは、老年内科の中核的スキルです。高齢になるほど増える併存症(multi-mobidity)にも対応します。

  • ​Frailty, Sarcopenia

    フレイル・サルコペニア

    フレイル・サルコペニアは要介護リスクであるばかりでなく、主疾患の経過に大きな影響を与えます。フレイル・サルコペニアにも配慮した患者評価を行い、必要な介入を行います。

  • Dementia

    認知症

    適切な診断と薬物治療のほか、BPSD(問題行動)の評価や非薬物的治療、療養相談、地域との連携など、広い関わりが当科の特徴です。

  • Nutrition

    栄養
    低栄養は高齢者の予後に与える大きな危険要因です。当科 葛谷教授をリーダーとし、院内NST(Nutrition Support Team)が活動しています。 

  • Polypharmacy

    多剤併用
    合併症を多く持つ高齢患者さんでは、薬の多剤併用は重要な課題です。総合評価のもと、薬の必要性、優先順を考慮します。

  • Discharge planning

    退院支援
    患者さんの適した療養場所、退院支援、連携を支えます。当院でこの通信となるのは地域連携・患者相談センターで、当科の葛谷教授がセンター長、​鈴木裕介准教授が副センター長を務めています。

  • End of life care

    エンド・オブ・ライフ・ケア
    ​意思決定能力を適切に評価し、ご本人のValueを大切にして(Value based Practice)、ACP(Advance care planning)を支援するなど、End of lifeを支えます。

Daily Scene

毎週、抄読会を開催しています。抄読会の様子は facebookでフォローお願いします。
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

Copyright © 2018.Nagoya University Graduate School of Medicine. All rights researved.

名古屋大学大学院医学系研究科 地域在宅医療学・老年科学(老年内科)

〒466-8550 名古屋市昭和区鶴舞町65

TEL: 052-741-2111(病院代表) ronenka(at)med.nagoya-u.ac.jp

Department of Community Healthcare and Geriatrics,Nagoya University Graduate School of Medicine, 65 Tsurumai-cho, Showa-ku, Nagoya, 466-8550