byotomon_H859_W1288.JPG
gairainaikan_H1180_W786.JPG
当科入院患者は肺炎が最も多く、心不全、脳梗塞(急性期)​、認知障害と続きます。併存疾患は高血圧に認知障害、便秘、心不全、骨粗鬆症、肺炎と続きます。近年、特に心不全症例が多くなっています。
外来延べ患者数 6,386人  入院患者数 240人  平均在院日数 23.5日 (2019年度)
図.入院患者の主病名
主病名2.png
下の表は、入院患者の主疾患・併存疾患です。多様な疾患を扱い、経験値を一気にアップ。内科専門医取得に必要な症例のうち、多くを経験できます。
表. 入院患者の主疾患・併存疾患
図.入院患者の併存疾患
合併疾患2.png
(データはいずれも2018.1-6月実績)
病名.png

2020年度は診療科QI(臨床指標)を入院患者の転倒と、地域連携に設定、四半期毎で算出しました。地域連携については新型コロナウィルス感染症の影響を大きく受けました。地域の医療機関を後方支援できるよう2021年度は一層、地域連携に努めます。

指標1-1 転倒率(分子:転倒数、分母:のべ入院患者者数

QI_2020_転倒.png

指標2-1 他医療機関からの紹介

​(2019年度実績比)

QI_2020_紹介受け.png

指標2-2 他医療機関への紹介

​(2019年度実績比)

QI_2020_紹介送り.png

Daily Scene

毎週、抄読会を開催しています。抄読会の様子は facebookでフォローお願いします。