​臨床実習

目標
1)高齢患者の診察における注意点について理解高齢者の特性特徴を理解把握し、高齢者の特徴を把握し、高齢患者の診療に必要な基本的知識、技術を習得する診察の方法や注意点について理解する。
2)高齢者にみられる1つ以上の疾患について、症例を通じて深い理解を得る深める。
3)高齢の入院患者に多くみられる疾患を知り、病棟を管理するための技能を養う。
4)高齢の入院患者における課題や注意点を理解し、必要な対応を考える力を身につける。 加齢と関連するの深い疾患について実習により理解を深める。
5)実践を通し、診断のための臨床推論プロセスを学ぶ。

6)社会的問題等、高齢患者が抱える課題を包括的に考えられる力を養う。
7)他職種の役割について理解を深め、課題題問題解決のためのチーム医療を考えられる力を養う。基本的なプロセス考え方を理解し、説明できるようにする。
8)症例を通じ、プレゼンテーションとレポート作成を適切に行う能力を養う。実習を通じて高齢患者の背景となっている家庭・社会的環境など周辺の問題等についても把握し、問題解決のための手対処方法を学ぶ。

 

▶ 実習用CGA(高齢者総合評価)

(リンクは削除しました。学生は必要時、指導医にリクエストしてください)

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

Copyright © 2018.Nagoya University Graduate School of Medicine. All rights researved.

指定国立大学法人 名古屋大学大学院医学系研究科 地域在宅医療学・老年科学(老年内科)

〒466-8550 名古屋市昭和区鶴舞町65

TEL: 052-741-2111(病院代表) ronenka(at)med.nagoya-u.ac.jp

Department of Community Healthcare and Geriatrics,Nagoya University Graduate School of Medicine, 65 Tsurumai-cho, Showa-ku, Nagoya, 466-8550