2019/10/1 抄読会

心不全兆候を伴う患者において、フレイル(Friedらの基準)該当者は非該当者に比べ、呼吸困難、日中うとうとしていること(ESS)、抑うつが有意に多かった。「うとうとしている」は定量評価に難しさがあるが、虚弱さのマーカー。今後こうした「何となく虚弱」がより明確にされていくだろう。 Identifying a Relationship Between Physical Frailty and Heart Failure Symptoms. J Cardiovasc Nurs.3(1):E1-7. 2018

参考.「日本語版 the Epworth Sleepiness Scale(JESS)」日本呼吸器学会. https://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/044110896j.pdf


  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

Copyright © 2018.Nagoya University Graduate School of Medicine. All rights researved.

指定国立大学法人 名古屋大学大学院医学系研究科 地域在宅医療学・老年科学(老年内科)

〒466-8550 名古屋市昭和区鶴舞町65

TEL: 052-741-2111(病院代表) ronenka(at)med.nagoya-u.ac.jp

Department of Community Healthcare and Geriatrics,Nagoya University Graduate School of Medicine, 65 Tsurumai-cho, Showa-ku, Nagoya, 466-8550