2019/10/1 抄読会

心不全兆候を伴う患者において、フレイル(Friedらの基準)該当者は非該当者に比べ、呼吸困難、日中うとうとしていること(ESS)、抑うつが有意に多かった。「うとうとしている」は定量評価に難しさがあるが、虚弱さのマーカー。今後こうした「何となく虚弱」がより明確にされていくだろう。 Identifying a Relationship Between Physical Frailty and Heart Failure Symptoms. J Cardiovasc Nurs.3(1):E1-7. 2018

参考.「日本語版 the Epworth Sleepiness Scale(JESS)」日本呼吸器学会. https://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/044110896j.pdf


0件のコメント

最新記事

すべて表示