2019/9/4 抄読会

高齢者うつの評価にはGDSが有用である。15項目のうち、「何よりもまずもの忘れが気になりますか」に「はい」と答えた上、うつが疑われる(GDS 5点以上)なら、7.2年後、半数がMCIまたは認知症となる(ハザード比 2.8)。50歳以上の認知機能低下のない13,462人を4.4年(中央値)観察した研究で。Depression, subjective cognitive decline, and the risk of neurocognitive disorders. Alzheimers Res Ther. 2019 Aug 9;11(1):70.


  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

Copyright © 2018.Nagoya University Graduate School of Medicine. All rights researved.

名古屋大学大学院医学系研究科 地域在宅医療学・老年科学(老年内科)

〒466-8550 名古屋市昭和区鶴舞町65

TEL: 052-741-2111(病院代表) ronenka(at)med.nagoya-u.ac.jp

Department of Community Healthcare and Geriatrics,Nagoya University Graduate School of Medicine, 65 Tsurumai-cho, Showa-ku, Nagoya, 466-8550