2019/7/2 抄読会

カナダでは急性期の高齢入院患者にPRISMA-7による評価が行われているが、BGA(Brief geriatric assessment)というツールと長期入院例を同定する精度が比較された。BGAは1)85歳以上, 2)5種以上の薬, 3)在宅ケア中, 4)6ヶ月以内の転倒歴, 5)月or年が答えられない, を評価するものだが、BGAの方が精度が高かった。ただし両者とも予測程度は高くなく、やはり本人の気持ちや家族の受入れがより決定的。 Screening for older inpatients at risk for long length of stay: which clinical tool to use? BMC Geriatr. 6;19(1):156.2019


  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

Copyright © 2018.Nagoya University Graduate School of Medicine. All rights researved.

指定国立大学法人 名古屋大学大学院医学系研究科 地域在宅医療学・老年科学(老年内科)

〒466-8550 名古屋市昭和区鶴舞町65

TEL: 052-741-2111(病院代表) ronenka(at)med.nagoya-u.ac.jp

Department of Community Healthcare and Geriatrics,Nagoya University Graduate School of Medicine, 65 Tsurumai-cho, Showa-ku, Nagoya, 466-8550