2018/7/31 抄読会

加齢により、海馬の幹細胞数は不変だが、神経新生は著減する。剖検例の検討から、神経細胞増殖マーカー Ki67, DCXの減少が認められたが、幹細胞マーカーのGFAPδ、前駆細胞マーカーのEOMESは減っていなかった。研究医を目指す研修医、神田先生の発表でした。 Evidence for reduced neurogenesis in the aging human hippocampus despite stable stem cell markers. Aging Cell.16(5):1195-1199. 2017


  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

Copyright © 2018.Nagoya University Graduate School of Medicine. All rights researved.

名古屋大学大学院医学系研究科 地域在宅医療学・老年科学(老年内科)

〒466-8550 名古屋市昭和区鶴舞町65

TEL: 052-741-2111(病院代表) ronenka(at)med.nagoya-u.ac.jp

Department of Community Healthcare and Geriatrics,Nagoya University Graduate School of Medicine, 65 Tsurumai-cho, Showa-ku, Nagoya, 466-8550