2018/7/2 抄読会(研1 小川Dr)

認知症患者に対する急性期後のケア(Post-acute care)において、認知刺激療法は実行機能能力を高め、在院期間を短縮させたものの、主アウトカムとしたせん妄は改善させなかった。ここで用いられた認知刺激療法とは言葉探しやパズルなど30分x週5行うもの。Negative結果であまり冴えた論文ではなかったが、せん妄スケール(DRS)がくすぶる様子がよくとらえられている。せん妄は2-3日でおさまる、とばかりは言えない。Effect of Cognitively Stimulating Activities on Symptom Management of Delirium Superimposed on Dementia: A Randomized Controlled Trial. J Am Geriatr Soc. 64(12):2424-2432. 2016


0件のコメント

最新記事

すべて表示