2018/6/12

最終更新: 2019年11月4日

脳卒中後、脳血流を維持するために臥位を保つのがいいと以前から言われていたが、ホント?と検証する論文。結論として、臥位のみでもギャッジアップ(頭を挙げる)でも、予後(mRS, NIHSS)は変わらなかった。さすがのNEJM、精緻な研究デザインや統計、図表のまとめ方などお手本的な一編だったが、患者さんが座りたいと思っていたのかは研究に含まれていなかった。座りたいのに寝てろと言われるのってなかなかつらいが、その影響は如何に。Cluster-Randomized, Crossover Trial of Head Positioning in Acute Stroke. N Engl J Med. 22;376(25):2437-2447.2017


  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

Copyright © 2018.Nagoya University Graduate School of Medicine. All rights researved.

名古屋大学大学院医学系研究科 地域在宅医療学・老年科学(老年内科)

〒466-8550 名古屋市昭和区鶴舞町65

TEL: 052-741-2111(病院代表) ronenka(at)med.nagoya-u.ac.jp

Department of Community Healthcare and Geriatrics,Nagoya University Graduate School of Medicine, 65 Tsurumai-cho, Showa-ku, Nagoya, 466-8550