2018/5/29 抄読会

高齢の入院患者においては、ルーチンでフレイル評価を行うべきである。なぜならば、フレイル例は30日後死亡率が高く、在院日数が長く、退院後の再入院率が高い等、配慮しなくてはいけない点が多いから。フレイルを病院のルーチンから、ICDコードにより評価する英国からの報告。CGA(高齢者総合機能評価)を行おう。プロブレムをしっかり列挙しよう。院内システムを整えよう。Lancet. 2018 May 5;391:1775-17


  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

Copyright © 2018.Nagoya University Graduate School of Medicine. All rights researved.

名古屋大学大学院医学系研究科 地域在宅医療学・老年科学(老年内科)

〒466-8550 名古屋市昭和区鶴舞町65

TEL: 052-741-2111(病院代表) ronenka(at)med.nagoya-u.ac.jp

Department of Community Healthcare and Geriatrics,Nagoya University Graduate School of Medicine, 65 Tsurumai-cho, Showa-ku, Nagoya, 466-8550