2018/5/22 抄読会

MMSE平均21点の認知症患者において、中等度から強度の運動を行ったところ、通常ケア群に比べ歩行速度等身体機能は改善したものの、ADAS(認知機能)は若干ながら有意に低下してしまった。効果的な認知症予防法の探求が続く。BMJ. 2018 May 16;361


  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

Copyright © 2018.Nagoya University Graduate School of Medicine. All rights researved.

指定国立大学法人 名古屋大学大学院医学系研究科 地域在宅医療学・老年科学(老年内科)

〒466-8550 名古屋市昭和区鶴舞町65

TEL: 052-741-2111(病院代表) ronenka(at)med.nagoya-u.ac.jp

Department of Community Healthcare and Geriatrics,Nagoya University Graduate School of Medicine, 65 Tsurumai-cho, Showa-ku, Nagoya, 466-8550