2018/5/15 抄読会

加齢に従い血圧は上昇する。起立性低血圧など高齢では降圧が過度にならぬよう注意を要するが、十分降圧すべきと示す研究と、過度な降圧は控えよという研究の双方の論争が続く。ヒントの一つは、年齢だけではないこと。高齢のどの年齢層においても、最期の10年は血圧が低下する。必要な治療に伴い降圧されている可能性も考えられるが、治療内容を調整して分析しても、降圧剤服用していない群のみでも、最期10年は血圧は下降していた。Blood Pressure Trajectories in the 20 Years Before Death. JAMA Intern Med.1;178(1):93-99.2018


  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

Copyright © 2018.Nagoya University Graduate School of Medicine. All rights researved.

指定国立大学法人 名古屋大学大学院医学系研究科 地域在宅医療学・老年科学(老年内科)

〒466-8550 名古屋市昭和区鶴舞町65

TEL: 052-741-2111(病院代表) ronenka(at)med.nagoya-u.ac.jp

Department of Community Healthcare and Geriatrics,Nagoya University Graduate School of Medicine, 65 Tsurumai-cho, Showa-ku, Nagoya, 466-8550