女性の医師を歓迎します

当科では、男女共同参画支援のため、以下の就業支援を行っています。

1.(場合により)短時間勤務可

2.育児や介護等に配慮できる勤務シフト

3.育児等により、一定期間は時間外呼出免除

4.時間効率のよい代務

5.代務だけ勤務も可

6.チームによる、一人で抱え込まない研究

7.ITによる在宅活動の幅拡大

<それができる理由>

1)病気だけでなく、患者さんのQOLや介護負担などにも配慮し、家庭の大切さを理解し、

  共感できる包括診療を行う科だから。

2)現実として、メジャーな内科と比べ競争率が低く、個人の事情に対応しやすいから。

3)老年内科は多く診療支援の求めあり、急性期、回復期・慢性期の病棟管理、外来、

  在宅、夜間・休日の当番、介護施設など、多様な勤務形態から、ニーズに合致した代務

  先が紹介できるから。

4)大学病院以外でも、ネットワークの中、フルタイム、パートタイム勤務も紹介可能。

5)IT、マネジメントも老年医学の重要領域だから。

​回復期、慢性期の診療においては、急性期より余裕をもった勤務も可能で、ライフスタイルからそれを​望む年配の医師、女性医師が歓迎されます。急性期から、回復期および慢性期、在宅へと医療のシフトが進められている中、ゆったりでも孤独にならないネットワークが必要。ワークライフバランスを上手くとりながらも、臨床スキルを常に向上させ、効率よく医療を提供するため、より多くの女性医師が、私達のチームに必要です。

  

This is good place to train yourself.

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

Copyright © 2018.Nagoya University Graduate School of Medicine. All rights researved.

指定国立大学法人 名古屋大学大学院医学系研究科 地域在宅医療学・老年科学(老年内科)

〒466-8550 名古屋市昭和区鶴舞町65

TEL: 052-741-2111(病院代表) ronenka(at)med.nagoya-u.ac.jp

Department of Community Healthcare and Geriatrics,Nagoya University Graduate School of Medicine, 65 Tsurumai-cho, Showa-ku, Nagoya, 466-8550