■概要および特記すべき診療機能

 老年内科は高齢者を対象とし、総合内科的診療を提供します。老年期の認知症、糖尿病、脂質異常症などについて専門診療を行います。また、排尿障害、骨粗鬆症、褥瘡、嚥下障害等、内科だけに幅広い老年科的診療を行います。場合により、医療・介護サービスの利用等に関する相談にも対応しています。

 

■診療対象となる患者例

 1)いくつかの症状や病気が重なっている病態(Multimorbidity)、多剤併用

 2)認知症

 3)高齢者の糖尿病、脂質異常症等、生活習慣病・動脈硬化性疾患

 4)日常生活動作(ADL)低下、栄養障害等の老年症候群、フレイル

 5)肺炎、脳血管障害、心不全など高齢者の急性期疾患

 6)不明熱、関節痛、浮腫など診断に難渋する病態     など

 

■診療予約に際してのお願い

初診予約は月から金まで、どの曜日でも対応しています。基本的にはFAXでの事前予約をお願いしておりますが、緊急性が認められる場合は初診/再診とも対応させていただきます。なお、問題となる臓器の特定ができない患者さんの診療依頼は、80歳未満は総合診療科、80歳以上は当科で承っています。

■外来担当医表は こちら

 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

Copyright © 2018.Nagoya University Graduate School of Medicine. All rights researved.

名古屋大学大学院医学系研究科 地域在宅医療学・老年科学(老年内科)

〒466-8550 名古屋市昭和区鶴舞町65

TEL: 052-741-2111(病院代表) ronenka(at)med.nagoya-u.ac.jp

Department of Community Healthcare and Geriatrics,Nagoya University Graduate School of Medicine, 65 Tsurumai-cho, Showa-ku, Nagoya, 466-8550