臨床を中心とした医師になるつもりだ
Yes
​専門を究めたい
Yes
No
No
そんなあなたは是非、名大博士課程スカラーシッププログラムへ。
そんなあなたは是非、名大ネットワークの各科専門医プログラムへ。名大なら、どの科でも安心。
将来、循環器や消化器などのサブスペシャリティの専門医も、とれるならとりたいと思う
No
高齢者医療もしっかり担うつもりだ
Yes
No
​迷いのないあなたは総合診療を突き進め!​総合診療なら名大総診です。
​ジェネラル志向を持ち、内科を選び、高齢者を担う気持ちがあるならズバリ、老年内科です。
小児科はどうでしょう。高齢者を担当しない内科は今後、考えにくいです。
大学で研究も学び、やってみたい。医学博士はとっておきたい。
Yes
No
​それなら大学病院です。3人以上の指導医がいる老年内科のある大学で研修することをお勧めします。東海北陸地方では名大だけです。
愛知県なら海南病院(弥富市)、大雄会病院(一宮市)など、市中病院の専門医プログラムをお勧めします。名大でも一部、研修可能です。
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

Copyright © 2018.Nagoya University Graduate School of Medicine. All rights researved.

指定国立大学法人 名古屋大学大学院医学系研究科 地域在宅医療学・老年科学(老年内科)

〒466-8550 名古屋市昭和区鶴舞町65

TEL: 052-741-2111(病院代表) ronenka(at)med.nagoya-u.ac.jp

Department of Community Healthcare and Geriatrics,Nagoya University Graduate School of Medicine, 65 Tsurumai-cho, Showa-ku, Nagoya, 466-8550