内科専門医プログラム

当科は名大病院内科専門医プログラムのメンバーです。当院で専攻医、医員として勤務し、内科と老年病専門医を取得してください。
内科専門医を取得するには、以下の症例を経験しなくてはいけません。症例の経験は必要条件。症例がきちんと経験できる病院で研修を行う必要があります。
内科専門医を取得した後、サブスペシャリティの専門医を取得することができます。老年病専門医は、内科のサブスペシャリティの1つとなっています。
 
現在のところ、総合診療など、内科以外の基本領域の専門医を取得しても、内科のサブスペシャリティ取得が認められていないことには注意が必要です。
内科専門医とサブスペシャリティの専門医プログラムは、同時並行してよいことになっています。老年病専門医は、内科のサブスペシャリティの1つとなっています。名大病院老年内科では、これら2つの専門医プログラムを連動することにより、体系的に総合力、専門スキルを習得することができます。
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

Copyright © 2018.Nagoya University Graduate School of Medicine. All rights researved.

指定国立大学法人 名古屋大学大学院医学系研究科 地域在宅医療学・老年科学(老年内科)

〒466-8550 名古屋市昭和区鶴舞町65

TEL: 052-741-2111(病院代表) ronenka(at)med.nagoya-u.ac.jp

Department of Community Healthcare and Geriatrics,Nagoya University Graduate School of Medicine, 65 Tsurumai-cho, Showa-ku, Nagoya, 466-8550