内科・老年病専攻医および医員募集中。来年度の大学院生(医師)も歓迎します。
お気軽にお問合せください。
当院での勤務、院生生活においては、名大病院外における非常勤にて、給与と診療チャンスが上乗せされます。当科は急性期の入院担当、外来診療の他、回復期や慢性期、在宅診療、介護施設など診療支援する非常勤先も多く、大学病院を本拠としながら、高齢者医療に必要な様々な診療場面を経験、研鑽することができます。
臨床研修終了後すぐの老年病専攻医も歓迎しますが、数年以上、臨床キャリアを積んだ後の研鑽も大歓迎。当科には、循環器や救急、泌尿器など基本領域の専門を修得した後、もう一段の専門として老年病を学ぶ医師が多くあります。互いに専門を持った医師らが研鑽し合う場ともなっています。

専攻医または後期研修医

​内科専門医と老年病専門医の連動(並行)研修をお勧めします。

​医員

新専門医でなく、従来の専門医制度該当の医師は、医員(+院生)として研鑽されることをお勧めします。

大学院生(医学博士)

​4年間で医学博士を取得。大学院と並行できる診療場面をご紹介します。名大病院医員を兼ねることも可能です。

1. 募集人数

2. 勤務場所

3. 職務内容

4. 雇用期間

5. 勤務条件

6. 応募資格

7. 提出書類

8. 選考方法

9. 応募締切

10. 書類送付先

 ・問合せ先

11. その他

応募フォーム
arrow&v
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

Copyright © 2018.Nagoya University Graduate School of Medicine. All rights researved.

指定国立大学法人 名古屋大学大学院医学系研究科 地域在宅医療学・老年科学(老年内科)

〒466-8550 名古屋市昭和区鶴舞町65

TEL: 052-741-2111(病院代表) ronenka(at)med.nagoya-u.ac.jp

Department of Community Healthcare and Geriatrics,Nagoya University Graduate School of Medicine, 65 Tsurumai-cho, Showa-ku, Nagoya, 466-8550