77327954_xl.jpg
あなたを 待っている

 老年病専門という道

日本学術会議から老年医学の専門職教育拡充が提言されてから、10年―

(「よりよい高齢社会の実現を目指して.2011)

わが国では、むしろ老年医学を専門とする臨床・教育拠点は減っています。

2020年2月にまとめられたサブスペシャルティ領域の在り方に関するワーキンググループ報告書(厚生労働省)にて、老年病は、内科など基本領域のいわゆる「2階」部分となる「連動研修を行いうる領域」に含まれないこととなりました。条件の1つ「全ての都道府県で研修が行える体制が整備されている」に不足しているためでしたが、不足だからこそ拡大が望まれるところ、修練場所が限られることとなるの残念です。名古屋大学は数少ない中核的拠点として、役割を適切に果たせるよう一層、人材育成に努めます。

あなたの地域に、老年病を学ぶ場所はありますか。学ぶなら、名古屋大学で。